よくあるご質問 住まいづくりのQ&A

高気密・高断熱について ブリーズ・カンパニーについて 薪ストーブについて 自然素材について

高気密・高断熱について

※見当たらないご相談や、もっと詳しく知りたい内容についてはお気軽にお問い合わせください。

Q. 機械を使わずに換気できるシステムはありませんか?
A. 自然換気(パッシブ換気といいます)には、
1.室内外の温度差によるものと、
2.屋外の風力によるものがあります。
1.は温度差の大きい真冬に多く起こりますが、春・秋などはほとんど起こりません。
2.は、季節を問いませんが、風の強い日は多く、弱い日は少なくなります。
必要な量を計画的に換気するには、機械による換気がどうしても必要です。
Q. 気密すぎるから機械換気をしないといけないのでは?自然換気の方が良いのでは?
A. そもそも京阪神近郊の日本の家は、深い軒先やすだれで日射を防ぎ、葦障子などで風通しをよくして夏の暑さをしのいできました。
一方冬は、風通しがよいがゆえに部屋全体を暖房することができず、南面の大きな窓から太陽光を取り入れ、火鉢にあたって寒さをしのいできました。
このような暮らしをしていれば、機械換気は必要ないでしょう。
ところが、今の住宅はアルミサッシの普及や間取の洋風化に伴い、風通しの悪い建物になっています。
また、省エネ志向から、断熱性・気密性を高めたため、換気不足によるシックハウスなどの問題が起こってきました。住宅を換気するためには、単に換気扇を付ければよいというものではありません。
すべての部屋をまんべんなく換気するためには、しっかりとした計算に基づいた計画換気が必要です。
Q. 自然素材を使って家を作れば、換気はしなくても良いのでは?
A. そよかぜの家では、自然素材を積極的に使用し、合板や建材類についても、ホルムアルデヒド等の発散量が少ないものを厳選しています。
けれども、残念ながら現在生産されている材料では、汚染物質の発散をゼロにすることはできませんし、家具・調度品などからもずいぶんと汚染物質が出ています。
また、人間が生活する中で、二酸化炭素や水蒸気などが発生します。
ですから、部屋の広さや用途に応じて、それぞれ必要なだけ換気しなければなりません。
Q. 換気扇が回っていると冬寒くありませんか?
A. そよかぜの家で使っている換気扇は、各部屋ごとに必要な量を換気するように設定できます。
ですから、換気しすぎて寒くなることはありません。
たとえば10畳のリビングであれば、外部に面した壁に給気口が1つと、天井に排気口が1つ付きます。
空気の流れは、体感的にはわからない程度です。
排気口の近くにティッシュペーパーをかざすと吸い付けられるので、正常に動いているのが確認できる程度です。
Q. 24時間換気扇を付けていると、電気代が高くありませんか?
A. そよかぜの家が使っている換気扇は、DCモーターを使用しているので高出力です。
しかもダクト配管方法に独自の工夫があり、運転効率を高めています。
50坪程度の家で、1ヶ月500円程度になります。
そよかぜの家なら、高気密・高断熱化により、それ以上に光熱費の節約ができます。
Q. 熱交換システムの方が良いんじゃないですか?
A. 熱交換型の換気扇もありますが、現在のところ熱回収率が50%程度です。
熱交換型の場合、ファンが2台、ダクトも2系統になり、イニシャルコスト・ランニングコストとも2倍近くかかります。 熱回収率から考えても、現段階では有利とはいえません。
また、給気ダクトの中に結露する可能性があります。
こうなった場合、ダクトないにカビや雑菌が繁殖し、給気とともに家中にばら撒いてしまうことになります。
こういった危険性を考え、そよかぜの家の換気は第3種換気としました。
Q. 停電したらどうなるんですか?
A. 停電するともちろん換気扇も止まってしまいます。
換気扇が止まるとたちまち窒息してしまうのかというと、そんな心配はありません。
もしも何日間にもわたって停電することがあれば、窓を開けたりして換気しなければいけませんが、そのような場合以外心配ありません。
Q. 換気扇が壊れたらどうなるんですか?
A. 換気扇の寿命はきちんとメンテナンスしていただければ15年程度です。
15年くらいたったら、換気扇本体だけを取替えます。金額的には10万円あまりでできます。
Q. 手入れはどうするんですか?
A. 普段のお掃除はご自分でしていただきます。本体に掃除のサインが出たらフィルターを掃除します。(1分でできます)それと、半年~1年に1回くらいは給気グリルのフィルターを水洗いすると良いでしょう。フィルターの汚れがひどいときは交換します。(消耗品はメーカーダイレクトで購入できます)
機械本体の寿命がきたら機械だけを交換します。ダクト配管等はよほどのことがない限り、建物とともに使い続けます。

page top

  • コンセプト
  • そよかぜの家 5つの魅力
  • そよかぜの家ができるまで
  • 会社概要
  • 住まいづくりのQ&A