2008.5.24

うるさいおやじ?

先日、CADソフトのメーカーさんが来られました。
使用中のソフトの更新のために来てくださったのですが、作業終了後新商品の展開について説明をしてくれました。

彼曰く、今後の工務店のあるべき姿、さらには材木屋さんのあり方を見据えての商品開発であり、その新商品を活用することで、法改正に対応できますということでした。さすが、一流メーカーですから先を見た戦略を立てておられます。

しかし、引っかかるのです。法改正でこうなるから、こうすることでそれに対応できますというのが・・・。
法を遵守するのは当たり前のことですが、法改正に振り回されて、目先のことに右往左往していて良いのかと思います。お客様の健康で快適な暮らしのために、高品質なものを許される予算の範囲でつくることが私たちのしごとであるのに、法に触れないようにいかに効率よく業務をこなすかということが、生き残るための重要なファクターであるというような感じに聞こえます。

彼とは少々熱い議論を交わしてしまいました。彼も、数年前に家を建てたらしく、そのときの経験から、家づくりの奥深さを痛感しているようで、私の話をよく理解してくれました。

最近こんなことがシーンが増えてきました。以前は毎日のように部下に家づくりの哲学を語っていたのに、今その相手が協力業者さんに向いているようです。

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top