2008.7.15

全国一斉休漁

原油高騰のあおりを受け、漁師さんたちが悲鳴を上げています。
漁に出る燃料代の方が売上よりも高いといいます。人件費や償却費がどうこうといったレベルではありません。このままでいくと20万人いる漁師の40%が廃業に追い込まれるのだとか。

しかし、仮に漁師が40%減ったら、市場に出る魚の量が40%減るのだろうか?
もしそうなったら魚の値段が上がるのか??
そうすると魚の変わりに他の食べ物で代用するのか???
これは日本人の食文化をも脅かす一大事です!!
ちょっと待って、見方を変えると、漁師の数が少なくなって魚の値段が高くなると漁も採算が合うようになるということか・・・。
そういえば、同じように燃料費が原価の大半を占めるであろう運送業はどうなんだろう?宅急便や郵便は苦しいとか言う声を聞きませんが・・・。

世の中の仕組みはわからないことがいっぱいです。
全国一斉休漁で、何が変わるのか、注目してみたいと思います。

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top