2008.7.18

住宅瑕疵担保履行法に基づく保険法人

日本住宅保証検査機構(JIO)が、住宅瑕疵担保履行法に基づく保険法人の指定を受けました。

例えば、悪質な業者が欠陥住宅を建てたあと計画倒産してしまった場合、それを購入した方は泣き寝入りするしかありませんでした。また、昨今のご時勢ですから、悪質でなくても倒産や廃業においこまれる業者も少なくありません。
このような事態を防ぐため、来年から新築住宅を建築する業者は、万が一に備えて保証金を供託するか、瑕疵担保保険に加入することが義務付けられます。
この瑕疵担保保険を販売できる法人として、JIOが認められたということです。

当社では、現在もJIOの保証を受けることをお勧めしています。
JIOは、民間の保証検査機構としてこのところシェアを増やしてきているのですが、厳しい検査をするだけでなく、数多くの現場での経験をもとに、いろんなノウハウを提供してくれます。当社の場合、新しい材料を使用することが多いので、JIOの提供してくれる標準図の通りに施工すればよいというわけには行きませんが、参考になる点が多くあります。また、検査や工事中の写真をネット上で閲覧・登録し、最終的にはCDに落とし込んでくれるというサービスもあります。
完成図書としてお客様にさし上げると喜ばれますし、記録としても有用です。
そして何より、社内検査と役所の検査だけでなく、第三者による検査が入ることで、お客様により安心していただくことができると考えています。

~~~に基づく保険法人の指定を受けることで、国土交通省の監視が厳しくなるそうで、今までJIOがとってくれた柔軟な対応が、文面どおりのお役所化してしまわないことを願っています。

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top