2009.7.11

パナソニックのすごいところ

このところ電設機器の修理をすることが続いたのですが、たまたま旧松下電工の商品ばかりでした。

①1カ月ほど前のこと、12年前に設置したユニットバスの浴室暖房乾燥機が温まらなくなった。

②天井の塗装のため13年前に設置した換気扇カバーを外したところ、フィルターがぼろぼろになっていたので取り換えた。

③5年前に設置したIHクッキングヒーターがつかなくなった。

まず①は、メーカーの修理専用の問い合わせ窓口を通して、メンテナンス会社が行ってくれました。部品の交換で直ったようですが、費用は無料でした。

②はパナソニックのホームページで器具の品番から対応するフィルターを見つけられました。これを販売しているところをネットで検索すると、たくさんのネットショップで扱っていました。少し納期はかかりましたが、フィルター代数千円でした。

③は、まだ年数が浅いのですが、①と同様に専用窓口からメンテナンス会社が翌日には修理をしてくれました。部品代はサービスで出張費だけ要りました。

4月から長期使用製品安全点検制度が始まりましたが、対象商品でなくとも、長期の仕様に対応できるサポート体制があり、それがだれでも利用できる点は素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top