2011.3.24

地勢の良いところ

地球は大きな磁石のようなものですので、磁場を持っています。一般に穴を掘ると、穴の底と地表面にわずかな電位差が生じます。この電位差を利用して、電流を流すというのがICAS(アイキャス)の仕組みです。

今回ICASアダプターを設置する穴で、電位差を測定したのがご覧の写真です。

-42.8mVの電位差があります。

こちらのお宅は山のてっぺんに近いところを造成した宅地で、いわゆる地勢の良いところです。

地勢のよくないところだと、この電位差がプラスになってしまうところもあります。

地下にさまざまなものを埋設したり土壌を汚染したり、地上には窮屈に構造物をこしらえ、さらにコンクリートやアスファルトで覆いかぶせてしまうと、地面は本来の力を失い、劣性地となってしまうのだそうです。

方位磁石がちゃんと北を指さないところは結構ありますよ。磁場が狂っているということでしょうね。

ICASシステムでは、最初に強制的に弱い電流を送ってやることで、劣性地を改善することもできるといわれています。

植え木の育ちが良くなったりします。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top