2013.2.25

ガス圧接

今日は、私にとっては珍しい作業を見ることになりました。

これは、鉄筋の圧接作業です。

住宅の基礎ではあまり太い鉄筋を使わないので、重ね継手といって、2本を重ね合わせてつなぎますが、

ご覧のような太い鉄筋は、圧接を行います。

鉄筋の小口を磨いて、突き合わせながらガスで熱することで、二本の鉄筋が一体となります。

そして、圧接部分に空洞や異物混入などがないかを確認する試験がこちら。

超音波探傷試験という方法で、2つのセンサーをあてがい、超音波を送ります。

異常があるとアラームが鳴る仕組みです。

こちらの現場は、鉄筋コンクリートの建物の耐震補強工事をしています。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top