2013.12.29

重要文化的景観保存事業

重要文化的景観というとあまり耳慣れないかもしれませんね。

先日天橋立が認定されたことで少しニュースにも出たのですが、地域の人々の生活や風土に深く結びついた特有の景観として、保護をしてくため、国が認定をしています。

京都府では2009年に宇治市が認定を受けています。

JR宇治駅を降りて宇治橋通り商店街に向かうと、真正面に中村藤吉本店というお茶屋さんがあります。

こちらの店舗が、重要文化的景観の重要構成要素として指定され、往時のたたずまいを復元するための工事をすることになりました。

以前から建物の修理などをさせていただいていたご縁から、今回の改修工事も任せていただくことになり、当社の得意とする職人技を駆使し、取り組んでいるところです。

写真は現在の状況です。

明治28年に建てられた時のままの大黒柱や地棟・梁はそのままにして、耐震補強も行っています。

壁に張られているのは荒壁パネルというもので、昔ながらの荒壁の素材で作られたものです。

実験により耐震性が確認されており、耐力壁として使っています。荒壁を現場で施工しなくて済むので、工期が短縮できます。

外観のポイントとなる越屋根も姿を現しました。


ちなみに店舗は通常通り営業しておられ、現場は今日からお休みですが、お店は例年通りお正月も開いています。

工事中の藤吉さんを見るチャンスもなかなかありませんので、のぞいて見られては・・・


カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

page top