1737162e.jpgこのところ採用が増えているタンクレストイレについて、気をつけなければならない点があります。それは、停電の時に使えないということです。洗浄時に電動のポンプを使っているので、これが回らないと十分な水流が得られなくなるということです。
決して全く流せなくなるというわけではないので、ご心配なく。
ただ、長時間の断水の場合、タンク式であれば、風呂の残り湯などをタンクに入れてやれば、通常通り使えますが、タンクレスの場合は、使用後、バケツの水を流してやらなければならないことも考えられます。

ところで、最近の水洗トイレは、待機時にたまっている水の量が多いので、検便のときに困った経験はありませんか?
そんなときに便利な機能ができているのをご存知でしょうか?
便器制作については後発メーカーである松下電工が発売しているアラウーノという商品があります。こちらの便器は洗浄方式が独特のもので、手動で水を抜くことができます。これは結構便利な機能なのではないでしょうか?(メーカーはそれほどアピールしていませんが)
アラウーノに関しては、今まで陶器製が常識だった便器を樹脂(有機ガラス系)で作っているので、採用に二の足を踏むこともあるのですが、勝手に掃除をしてくれるとか、検便のときに便利とか、消費者の視線でのものづくりという点で、一歩抜きんでているように思います。
絶対的な強さを誇るTOTO・INAXも、うかうかしてられないのでは。

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

8f281e54.jpgコマーシャルでもおなじみのソニーの液晶テレビブラビアのお風呂用「お風呂ブラビア」が発売されました。

お風呂の中にテレビを設置することがままあります。
(母)「お風呂入りなさい」
(子)「このテレビ終わってから」
というようなやり取りがなくなって、次から次へとお風呂に入ってくれれば片付けも早く済むだろうというもくろみなのですが、実際はそうでもないようです。
年頃の子どもたちは、テレビ番組の時間に合わせてお風呂に入るのだそうです。一人っきりの個室で、だれにも邪魔されずゆっくりと見られるからたまらないとか・・・。こうなると、家事が早く片付くどころか、長風呂になって逆効果ですね。
まあ、家の中でリラックスできるスペースがあるというのは、家族にとっては素晴らしいことですから、はじめの思惑とは違っていても、良いのではないでしょうか。

さて、ワンセグテレビの登場で、住宅の設備配線事情も変わってきます。
従来では、各部屋にテレビアンテナの配線をもっていていたのですが、最近ではその必要がなくなってきました。それどころか、ケーブルテレビを利用するお宅が増え、アンテナそのものを建てないことも少なくありません。
家を設計するとき、10年後20年後・・・と将来を見据えておこなうのですが、通信関係の設備については今後の予想がつかないので、頭を痛めています。
振り返ってみると、一世を風靡したISDNはほんの数年で消えていきましたし、ADSLも光に変わりつつありますし、無線機器や携帯端末の発展はまさに日進月歩です。
うれしいやらつらいやら・・・・

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

つい先日、高層ビルの建設現場で、工事用エレベーターが落下する事故がありました。ありえないような事故に驚いています。
このところ、足場が倒れたり、生コンクリートが路上に降ってきたり、初歩的なミスによる事故が多いような気がします。
いわゆる現場監督の技量が落ちているのか、それとも予算の関係でそもそも配置している人員が少ないのか、いずれにしても、個別の現場・企業の問題ではなく、業界全体が後退しているような感じを受けます。

建設業者は現状の3分の1でよく、業者が多すぎるので淘汰するんだというような考えのもと、厳しい競争原理が導入されて10年あまりたちました。
みんな結構粘り強いので、なかなか淘汰されていないようですが、その分、従業員や協力業者・材料メーカーにしわ寄せがいっているのかもしれません。その結果、世界最先端の技術と安全性を誇っていた日本の建設業界は、フラフラになっているのです。

政治のことはよくわかりませんが、そもそも公共投資で建設関係が優先されてきた理由は、建設工事に関連して、資材メーカーや地域の雇用確保などの波及効果が大きいこと、インフラとして公共の財産がのこること、インフラの整備によってさらにその後の経済効果が期待できること・・・などなど、他の公共投資に比べて経済浮揚効果が高い点にあります。また、このところおおきな災害が多発していますが、災害時の復旧に大きな力を発揮するのが、地域の建設業者であり、これを健全に育成することは地域の財産でもあるということにもなるのです。
不透明な金銭のやり取りや、談合・丸投げなどの問題は解決しなければいけませんが、建設業者=悪・公共事業=悪という論調は、いい加減にやめてもらいたいものです。

建設に従事する仕事が、子供たちのあこがれの職種に復帰することを願います。

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

2008.9.2

事件?

昨夜から福田首相退任のニュースがあふれかえっています。
突然の出来事に私も驚きました。
一夜明けて、いろいろなコメントが公開されていますが、果たして今後どのようになっていくのか、我々一般市民としては不安にならざるを得ません。

建設業界を取り巻く情勢が厳しい中、関係法令の改定で手続きが猫の目のように変ってる状態は改善されるのでしょうか?課題は山積しているとはいえ、優先的に解決してもらいたいものです。国会空転だけは勘弁してもらいたいですね。

ところで、我が家ではそれどころではない事件(?)が発生しました。
小学校5年生の次男が宿題のプリントをなくしてしまったというのです。
昨日提出できなかったので、家にあると思って帰ってから探したのですが見つからず、せっかく頑張ってやったのに提出できない悔しさで、次男はひどく落ち込んでいました。
癒しの切り札ファイン(犬)をもってしても、次男の機嫌はなおりません。今日はどんな顔で登校したのやら・・・

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

あっという間に夏休みが終わりました。
今日から9月、新学期のスタートです。
学校へ向かう小学生たちは、宿題で作った工作を抱えて、大荷物で並んでいました。

さて、ニュースでは値上げと値下げの話題が取り上げられています。先日ご紹介したデニーズの値下げに対して、ほとんどのメーカー・外食産業も値上げラッシュのようです。
建築業界においては、すでに昨年から値上げが続いているのですが、9月から価格改定・10月納品分から価格改定というのがたくさんあります。
注文建築の場合、最初に見積もりを取ってから実際に納品するまでの期間が長いので、こういう値上げは困ってしまいます。また値上げ幅が10%~20%にもなることがあり、「ちょっと待って!」と言いたくなります。
とはいえ、工程が進んでいないのに、材料を現場に搬入しても邪魔になりますから、なんとか交渉して値上げをまってくれ~と言うしかないのです。
まあ、メーカーサイドも、受注減の折ですから、ある程度融通してくれるので、なんとかいけているわけです。

新学期早々、あまりうれしくない話題でしたが、気分を新たに元気よくいきましょう!

☆★☆★☆健康住宅そよかぜの家☆★☆★☆
  株式会社ブリーズ・カンパニー
健康・快適で安心して暮らせる家づくり

page top