総務省の2009年度人口推計によると、日本の15歳未満の子どもの数は1,714万人だそうです。前年度比で11万減、さらに28年連続減少とのこと。やはり少子化は確実に進んでいるようですね。
一方、(社)ペットフード協会の2008年調査では、国内の犬猫飼育数は約2,683万頭で、前年調査より131万頭も増加しているそうです。これはあくまでも犬と猫の飼育数なので、鳥や熱帯魚なども合わせた「ペットの数」はさらに多いと考えられます。
つまり、今の日本は「子どもの数」よりも「ペットの数」の方が断然多いのです。

家づくりにおいても、子育てよりもペットとの暮らしへの関心が高まるのも納得です。

私自身、中2と小6の子育て真っ最中ながら、ペットとの共生も10か月を迎え、どちらもリアルに体験しています。これが設計するときに役に立つはずです。何事も芸(?)のこやし・・・

5月27日から、改正建築基準法がすべて施行されました。

具体的には、一定規模以上の建築物に、構造設計一級建築士や設備設計一級建築士による設計が義務付けられるなどです。

住宅がメインの当社では特に影響があるわけではありませんが、これに先立って建築士法の改正が施行されたりで準備が必要なものもあります。

たとえば、今までは家を建てる時、建築工事の請負契約書を締結するだけだったのですが、設計に入る前に、設計業務委託契約または設計監理業務委託契約を結ぶ必要があります。さらに、その締結に先立って、重要事項の説明が義務付けられています。つまり、設計者・監理者としての責任が明確化されたことになります。

私どもでは、もともと設計・施工・工事監理を一括して行っていましたので、よそに責任を持っていくすべはないのですが、建築士事務所登録をしていない工務店では、工事監理をすることができないので、確認申請と一緒に工事監理業務を外部に委託していることがよくあります。この場合、工事監理者は外注先の建築士事務所になることが多いのですが、名前を書いているだけで実際には監理業務を行っていない(その報酬も支払っていない)ことがほとんどです。ですから工事監理者の責任を追及しようにも、実態はそうできなかったわけです。そこで、上記の監理業務委託契約を締結することにより、工事監理者の責任を明確化しようということになったのです。

とても理にかなった話のようにも聞こえますが、誠実に責任ある仕事をしていた私たちにとっては、事務手続きがいっぱい増えて困ったものです。そればかりか、あまりにも目まぐるしく制度が変わるので、何が正しいのか誰に聞いてもわからないというような現状さえあるのです。まあしばらくは混乱しそうです。

取り急ぎ、設計監理業務委託契約書とその約款そして、重要事項説明書の書式を準備しているところです。

2009.5.27

雨漏りか!?

昨年リフォームで、母屋と離れの間にお風呂場を増築しました。軒の下に屋根をかけるので、ゆるい勾配でしか屋根をつくることができません。その上、採光のために天窓をとる必要がありました。

屋根勾配は1.5寸ほど、ガルバリウム鋼板をべた張りしました。天窓は許容勾配よりも緩いのですが、屋根面そのものが小さく水も少ないことから大丈夫だろうと判断し、板金屋さん・サッシ屋さんと相談して、一般的な納め方でとりつけました。工事中に雨漏りのないことを確認して天井を張りました。

あれから半年余りたち、トップライト周りにカビが生えたというので見に行きました。

雨のしずくが落ちたということは一度もないようなのですが、どうもじわ~としみているような感じです。結露の可能性もありますが、2か所ある天窓のうち1つだけなので、雨漏りの可能性が高いです。

屋根に登って、天窓まわりをチェックすると、まず、水切りカバーが少しずれていました。カバーを外してみると、シーリング材がくっついて水切りカバーを押し上げてしまっていたようです。さらにシーリングをチェックすると、立ち上がりの上の方でシールが十分でないところがありました。母屋の屋根との間が狭くのぞきこめないので、ミスに気付かなかったものと思われます。

風向きによってはそこから巻き上げた可能性があります。とりあえず、この部分にシールを充てんし、カバーをきっちりと嵌め、次の雨まで様子を見ることにしました。

事務所に戻って、天窓の納まり図面で確認したところ、先ほどの部分はこってりとシーリングを盛らないといけなかったようです。

施工時の確認不足が悔やまれます。さっそく板金屋さんに連絡するとちょうど近くに来ているようなので、現場に来てもらいました。シーリング不足を説明し、こってりと打ち直してもらいました。

これで雨漏りは止まるはずです。次の雨で確認後、内部のクロスと下地を張り替えます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしました。雨を漏らせてしまったにもかかわらず、今までと変わらず接してくださっているお客様に感謝です。二度とこんなことがないよう、職人ともども反省しております。


カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

昨日は以前に施工したお客様のお宅へ雑誌の取材にお伺いしました。

子育て・親子のコミュニケーションにポイントを置いた設計だったので、ダイニングで親子で会話しているシーンを撮影することになりました。カメラマンのオーダーに従ってしっかり熱演してくれました。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

我が家にホームベーカリーなるものがやってきました。

おかげでこのところいろいろなパンを食べることができます。カレー味やココア味などいろんな味のパン、フランスパン(形は四角ですが)などなどです。焼きたての香りに誘われついついたくさん食べてしまいます。

先日の薪ストーブ講習会で、ストーブをオーブンとして使うツールを見つけてきたところですが、ストーブは今の季節使えませんので、その点ではホームベーカリーは素晴らしいです。

我が家に来たのと同じホームベーカリー

カテゴリー:ライフスタイル | コメント (0) |






ご覧のような事務所が・・・・





こんな風に生まれ変わりました。

ちょっとアジアンテイストな社長室兼会議室。いかがでしょう。

ウッドブラインドとクローゼットをダーク色に、壁を一面をシックな色で引き締めました。

床はフロアタイルをパターン張り。目地棒が細かく入っていて結構大変でした。


カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

2009.5.22

犬の誕生日

昨日5月21日から裁判員制度がスタートしました。「歴史的な日だ」とニュースでは言っていましたが、その5月21日は我が家のトイプードル”ファイン”の誕生日なのでした。

万一歳になりました。

犬の1歳は人間の15歳なのだとか。青春を謳歌する少女時代を迎えたわけです。ということで、昨日はファインの誕生日会(?)が行われました。

なんと、犬用のプリンがありまして、それにカラフルな野菜のトッピングをして立派な誕生日ケーキの出来上がりです。(写真を採り損ねました)よほどおいしいものが入っているのか、あっという間にぺろりと平らげ、なんだか興奮気味でした。

わたし1歳になりました

わたし1歳になりました

カテゴリー:ペット | コメント (0) |

昨夜京都市内で新型インフルエンザの患者が出ました。

それを受けて、今日は京都市内の学校で休校などの対応がとられました。京都市内の中学に通う長男は、27日まで休校になるみたいです。当然クラブ活動もできませんから、えらい退屈なことになりそうです。

それにしても、京都は、今修学旅行シーズンの真っ最中です。旅行のキャンセルなどが相次いで、大変なことになっているみたいです。数億円の経済損失が出るとも言われていますが、かわいそうなのは子供の方です。楽しみにしていた修学旅行がなくなるなんて・・・・

小学6年の次男は、来週から伊勢へ修学旅行の予定なのですが・・・・・

先月に続き、5月も住宅ローン金利は上昇しました。

以前から超長期(30年以上)のものが大きく上昇していましたが、今回は、10年ものも上昇しました。

とはいえまだまだ低金利だと思いますが、この先もしばらく低金利が続くとの見方も多く、変動金利を選択する方が増えているそうです。変動金利の場合、各社とも様々な優遇措置があり、金利を1.5ポイントも優遇してくれるところもあり、実質金利は1.5%を切っています。そうすると、固定金利よりも1%以上の差がありますから、、元金2000万円の場合、単純に一年目で20万円多く返せるということになります。

金利が大きく上昇するくらいなら、景気も良くなって給料も上がるだろうなんて考えると、私も変動を選ぶ方がよいような気がします。

いずれにしても、金利や優遇幅は金融機関によってさまざまですので、いくつかの銀行を比べて決める必要があります。

実際に30年のローンを組むとなると、総支払額の差は数百万円にもなりますので、慎重に選びましょう。

2009.5.20

PLはすごい

先週、プロ野球解説者の片岡篤史さんの講演を聞く機会がありました。

最近は野球解説だけでなく、バラエティーにも時々出ておられるだけあって、楽しい内容でした。

PL時代にはじまって、大学・日本ハム・阪神そして引退に至るまでの彼の体験談を聞かせていただき、人生訓としてためになる話もあれば、小ネタもありでした。

それにしても、当時のPLはやっぱり凄かったんですねェ~

page top