先日、読者の方から有害サイトと認識されているとのご連絡をいただきました。

1月に一部内容が書き換えられたような形跡があり、googleで危険なサイトと表示されたことがあったのですが、どうやらその時の残骸が残っていたようです。さっそく修正を行い、googleに通知しましたので、数日で解消されるかと思います。

見学者様ありがとうございました。


先週末に薪ストーブのメンテナンスについての講習会に参加しました。

当社も薪ストーブの施工でお世話になっている、京阪エンジニアリングさんの主催で、今年で10回目を迎えるそうです。

小雨模様にもかかわらず、200人くらい(パッと見た感じです)の参加者が熱心に聞いておられました。

ウチのストーブはヨツールのF500というタイプで、触媒などはついていません。普段の手入れは煙突掃除くらいなのですが、そろそろガスケットを交換する時期を迎えていますので、交換方法を勉強しようと参加しました。

ガスケットの交換方法は意外と簡単なので、またの機会にご紹介します。それよりも、目を引いたのが、ピザです。

京阪エンジニアリングさんのオリジナルパーツとして各ストーブ用にカスタマイズされたピザセットというのが売られていて、デモを兼ねて焼いたピザが振る舞われました。私の使っているF500も含め、多くのストーブはいわゆるクッキング用のストーブと違って、パンを焼いたりするのは無理だと思い込んでいたのですが、ピザがどんどん焼けていくではありませんか!!

これはよく考えてあるわ~と感心しきりでした。私も来シーズンはぜひピザを焼こうと思ったものの、そのパーツが20000円以上もするので、何か代用品を探してみようと思います。

S43 見にくいですが中ではピザが焼かれています

S43 見にくいですが中ではピザが焼かれています

ずらりと並んだストーブからピザが次々と出てきます。まるでピザショップの厨房です

ずらりと並んだストーブからピザが次々と出てきます。まるでピザショップの厨房です

 


 
煙突掃除の実演
煙突掃除の実演
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お気づきかどうかわかりませんが、トップページの下の方にリンクボタンが2つ増えました。

これは、ブログの施工事例のカテゴリーにジャンプします。最近の事例写真はここから見ることができます。


これは、先日ご紹介した「知恵の経営」の報告書のページにジャンプします。「知恵の経営」がどんなものなのか、他にどんな「知恵」があるのかも、こちらから見ることができます。


一度試してみてください。

カテゴリー:その他 | コメント (0) |

今朝のニュースでは、4カ月連続で景気は上昇傾向にあるといいます。その原因は、高速道路の割引や定額給付金の支給などによる経済効果といわれています。ゴールデンウィークの混雑具合を見ていると、確かに不景気だとは思えないような状況です。

ところで、不況下でも過去最高の利益をはじき出しているマクドナルドが、12000円の商品券を発売するそうです。

なんと、12000円で20000円分の商品が買えるのだそうです。

思わず食いつきそうな話題ですが、有効期限が11月14日、しかもブックレット形式になっているので、欲しいものだけいくつでも買えるわけではないみたいです。

とはいえ話題性は抜群ですね。そもそも普段から携帯クーポンとかがいっぱいあって、うちの家族もすっかり囲い込まれていますが・・・・

先週末、地元の建設会社DACさんが主宰する、京都鴨川建築塾に参加してきました。

この塾では、著名な建築家の方から直接指導を受けることができる上、懇親会でお酒を酌み交わすこともできるという、普通ありえないようなことができてしまうと聞いていました。いわゆるアトリエ系と呼ばれる建築家の方たちは、住宅を含め建築は細部まで考えつくされた作品であるという考え方で、ある意味お客様の満足は二の次と考えておられます。その点では、私の考えと違うわけですが、彼らがどういう思考をしてものづくりをしているのかは、やはりとても勉強になることで、以前から建築家の書いた本や作品集をみつけては読んでいました。

今回の講師は泉幸甫氏です。泉先生は、センスはトレーニングで身につくものすなわちスキルであるという考えをお持ちで、私も共感するところです。この塾での講義をとおして、それを身に付けるようにしてやるという心強いお言葉をいただきましたので、せいぜい熱心に参加しなければと思っています。

第1回の課題として行ったのは、屋根です。美しい屋根を考えるためのステップとして、発想する力を身に付けるためのトレーニングを行いました。

私はいちおうプロですから、発想力も他の参加者に負けないぞというような自負もあったのですが、なかなかどうして、皆さん豊かな発想をお持ちです。さらに、オーソドックスな形とその変化形を先生が紹介されたあと、その屋根をもうひとひねりして考えようという課題があり、これにはペンが止まってしまいました。私にとってはオーソドックスな形+αこそが洗練されたデザインであり、それをどうしろというのかという感じでしたが、受講者の中にはいろんな発想をしている方がいました。それが美しいかどうかは個人の感性ですが、既成概念を打ち破るというプロセスはここにあるのかとショックを受けました。

参加者は、建築家を目指す若手の方もいれば、私のように工務店を経営する方、大工さんなど様々で、年齢も20代~50代まで幅広く、なかなかおもしろくなりそうです。一年間の講義ですが、私自身一皮むけるように頑張ろうと思っています。

カテゴリー:その他 | コメント (0) |

先日稲荷の鳥居を新設しましたが、ついでにこれもとご依頼いただいたのが、お社の修理。

お社は、細かい彫刻が施された立派なものですが、台座の部分が腐ってしまって今にも崩れそうな状態でした。

今回は、その台座部分を新しいものに取り換えました。

きのう雨の中、お社全体を持ち上げ、古い台座を撤去しておきました。

その際にお社本体の一部が腐朽していたので、一部分を取替ました。

今朝、お天気も良くなるとの予報でしたので、新しい台座を据付け、全体の塗装をします。

塗装は、鳥居と同じくウレタンペイントを使います。


カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

私の事務所では、住宅をとりあつかうことがほとんどなので、図面は大概A3サイズでプリントしています。ファイリングや製本などをして保管するのにも便利です。けれども、原寸図や、大規模な建築物を描くときはときは、大判プリントが必要になります。

事務所も手狭なので、A3サイズのカラー複合機でがまんしてきたのですが、どうしてもA3では間に合わないようになってきたので、いよいよA1プロッターを買おうかと先日来考えておりました。

連休前の27日、ネットで値段を調べようと検索をしていると、中古プロッターが売られていることに気づきました。それほど使用頻度が高いわけでもないので、とりあえず中古を試してもいいなと思いながら、いろいろと検索していると、結構多くの在庫を持っていてメンテナンスまでしてくれるという会社がありました。しかも大阪府四条畷市ですから、ここから車で40分くらいでいけます。

さっそく問い合わせたところ、在庫もあるとのことなので、そちらで購入しました。

清掃・消耗部品の交換をして、新品インク・増設メモリーのセッティングをしてもらい、ロール紙までつけて98,000円也。しかも1年保証付き!スバラシイ!!

う~ん、とはいえ結構な値段ですな。ちなみに、新品時の価格は付属品も含めると40万円位ですが、最新型で同機能ならば20万円くらいですから、半額で買ったような感じでしょうか。

A1プロッター

A1プロッター

カテゴリー:その他 | コメント (0) |

このところ住宅用の土地さがしのご相談案件がちょくちょくあり、お客様のご希望を聞いて土地をご紹介する機会が続きました。

昨年の夏ごろすでに、不動産価格は急落をはじめ、底が見えないような状態でした。そこへリーマンショックが加わり、ちょっとしたパニック状態になりつつありました。それが今年の2月ごろから、株が底を打ったかのうような見方もあり、いわゆる資産家の方が、不動産を売って有価証券を買うという動きに出られたようで、不動産売買が動きだしたように見受けられました。

けれども、景気対策として住宅関連の様々な優遇策がとられている今、それほど動きが活発になるふうでもありません。

不動産の価格は、全体的に見ておととしあたりがピークで昨年から下がり始めおり、未だ下げ止まった感じはありません。

ただ、価格というのは需要と供給のバランスで決まりますから、人気のある場所・付加価値のある場所の価格はあまり下がっていません。ここでも格差が拡大しているのでしょうか?

では、土地は買い時なのでしょうか?

そもそも、家を建てたり土地を買ったりということは、それを生業にしているひとは別として、今得だから買っとこうとかいうものではないと思います。それぞれのライフサイクルの中で、今建てたいと思う時に建てないと意味がないのです。もうちょっと下がりそうだから待ってようとか、逆に税金が得だから急いで建てようとかいうふうに判断することは、いかがなものかと思います。

何十年も暮らす家ですから、たとえ数十万の差額が出たとしても、何十年で割ればわずかな違いです。目先の損得で決めるものではないと思います。

とはいえ、買うと決めたら一円でも安く買う方が言いに決まっています。値段の交渉を有利に進め、最大限節税をする努力をすることは言うまでもありません。

カテゴリー:その他 | コメント (0) |

システムキッチンといえば、I型、L型、コの字型とパターンが決まっていたのですが、最近Ⅱ列型というのが出てきました。

要するにニの字型に二列に配置するので、よくある形としては、I型のキッチンを並べ、その反対側に収納キャビネットを組むというものですが、いま取り上げているものは、シンクだけのキャビネットが一列、コンロだけのキャビネットが一列にそれぞれなっているものです。

高級グレードのキッチンやオーダーキッチンではつくっていたのですが、普及グレードではなかったものです。

それが、6月1日発売のトステムヴィートに設定されています。

トステムといえば、設備に関しては後発メーカーであり、数年前INAXと合併したことにより、商品開発力を上げています。皆さんご存じのくるりんぽいはイナックス・トステムの商品です。

予算を抑えながら、キッチンレイアウトのパターンが増えるのはありがたいことです。リフォームでデザイン一新という風にも活用できそうです。

page top