今日は朝からファインを連れて事務所にやってきました。

妻が子供の用事で朝早くから出かけたので、昼間でおばあちゃんに面倒を見てもらうことにしました。が、このところ甘えん坊がひどくて、私や妻の周りを離れません。

おむつパンツをはかせてご覧のとおり。

カテゴリー:ペット | コメント (0) |

東山五条から少し入ったところに河井寛次郎記念館というところがあります。先日の京都鴨川建築塾で見学に行きました。

陶芸家の河井寛次郎氏の自宅をご家族が記念館として開放しておられ、特に何の展示があるというわけではないのですが、次から次から見学者が訪れる不思議な場所です。

お孫さんで学芸員をしておられる鷺さんが、思い出話を交えながら、寛次郎氏の創作活動の変遷を説明してくださいました。

寛次郎氏は島根県出身でお父さんは大工で、この建物は島根から職人さんが来て建てたものだそうです。観光客の方にはこれが京町家家のように見えるかもしれませんが、近隣の風情に倣ったところもありますが、つくりは全く違います。これを建てたころ、寛次郎氏は、木工や家具の制作なども手掛けておられ、この家の家具はすべて寛次郎氏のデザインだそうです。

鷺さんのお話によると、多くの書生(弟子)さんやお手伝いさんもおられる上に、外国人も含め多くのお客様が毎日来られていたそうで、ご家族にとっては自分の家というよりみんなの家という感覚だったそうです。そのなごりか、今でも多くの見学者に丁寧に接してくださいます。面白いのが、年間パスを発行しておられ、ちょくちょくやってきては気に行った場所で本を読んだりして過ごされる方もおられるのだとか。普通の観光スポットとは違い、何となく癒される不思議な雰囲気があります。

寛次郎氏の書斎

寛次郎氏の書斎

箱階段

箱階段

登り窯

登り窯

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

梅雨入りしたかと思ったらもう中休みに入ったようです。

昨日は、井手町チャリティーゴルフ大会に参加したのですが、雨を覚悟していたにもかかわらず、素晴らしい天候でした。

スコアの方は天候とは関係なく相変わらずでした。

井手町チャリティーゴルフ大会は、井手町建設業協会と井手町商工会が主催する大会で、地元の社会福祉に役立ててもらう目的で毎回多くの寄付を集めており、今年で13回を迎えました。今回は38組もの参加があり、大盛況でした。

私自身は、タイセイ在籍時からスタッフとして参加し、数年前まで事務局を担当していました。そんなこともあり、タイセイ退職後も参加していたのですが、この度井手町建設業協会にブリーズカンパニーとして加入することになり、晴れて(?)スタッフに返り咲くこととなりました。これがけっこう大変なんです・・・・。

近畿地方も昨日梅雨入りした模様です。例年よりは少し遅いとのことです。

7日の日曜日2月に引っ越しされたお客様のところへ点検がてらお伺いしました。

ご引っ越しに際して、冬の過乾燥予防についてくどいほど説明させていただいたこともあり、冬から春にかけて、快適に過ごしていただいているようでした。今回の点検は、設備機器や建具などの点検のほか、夏に向けての住まい方をアドバイスすることも大きな目的でした。

そよかぜの家は、とても気密性が高いので、室内の湿度をコントロールすることができます。そのことも踏まえ、全館24時間冷房の必要性をご説明しました。

24時間エアコンをつけっぱなしにすると、とんでもない電気代がかかるんじゃないかとご心配でしょうが、断熱性に優れた高性能な建物なので、以前の電気代よりもむしろ安くなります。電気代の問題だけでなく、部屋を仕切る壁の中などの見えない部分で起こる結露を防ぐためには、全館空調がどうしても必要なのです。つまり、家の中で温度差を作らないことが重要なのです。

調湿性能のある仕上げ材を使えば結露は起こらないという方もおられますが、結露のメカニズムを理解すれば、上記のことは明らかなのです。自然素材は体にいいというイメージだけで考えてはいけませんよ。

もちろん、私は自然素材を積極的に使っていますが、決してそれが万能ではないということが言いたいのです。

結露といえば冬の窓ガラスを思い浮かべられると思いますが、夏に床下や壁の中で起こる結露が、木を腐らせたりシロアリをはびこらせる重大な要素であることは意外に知られていないのです。

おっと話がどんどんそれていきます。この話に関してはつい熱くなってしまいます。

詳しく知りたい方は、そよかぜの家のショールームにお越しください。2時間みっちりご説明します。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

当社のお客様が経営しておられるアパートで雨漏りがありました。20年ほど前に某ハウスメーカーで建てられた建物ですが、屋根や外壁がずいぶんと傷んでいるので、そろそろ全面的に改修しないといけませんよとお話をしていた矢先でした。

雨漏りの箇所は出窓部分でした。聞くと、出窓に大きな水槽を置いておられたとのこと。おそらく水槽の重みで出窓に想定外の荷重がかかったものと思われます。

一般的な出窓と外壁の納まりは、出窓を躯体に取り付けた後、外壁材を張っていくのですが、この建物は、出窓の屋根も含め、庇などは外壁が仕上がってから取り付けているようで、重みで垂れ下がったためにコーキングが切れたみたいです。

水切りと外壁の取り合い部分のコーキングを打ち直したところ、雨漏りは止まりました。

それにしても、コーキングだけで止水しているというのは怖いですね。早いこと全面改修しないといけませんよ。

そうそう、いよいよ関西も梅雨入りするみたいです。修理はお早めに。

応急処置ですのでたっぷりと盛りつけました

応急処置ですのでたっぷりと盛りつけました

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

2009.6.8

焼ちまき

ちまきといえば5月の節句にいただくものですが、いただいたものを冷凍にしておいて、これを焼いて食べました。

生まれて初めての体験でしたが、これはなかなかうまい!

表面がカリッとなっていて、ちまき独特のねばねば感がなくなって食べやすい。手でもって食べてもくっつきません。しかも中はアツアツのちまきです。


カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

昨夜、宇治市植物園内の蝶々というレストランで食事をしながらの会議がありました。(そんな堅苦しいものではありませんが)

現在ホタルナイター開催中ということで、このレストランも大混雑するかもしれないという事前情報だったのですが、意外にもガラガラでした。

3年前に第1回のホタルナイターを家族で見に行きましたが、そのときはほんの数匹が飛んでいるのを見るために行列になっていました。そこまでしてみなくても、他にいくらでもホタルは見られるのに・・・と思いながら、帰ってきたのを思い出します。

ネットで調べると、ホタルの飛び具合、混雑状況などを公開しているようです。↓↓↓

http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~ucbpark/hotaru.htm

ただし、本当にリアルタイムに反映しているかどうかは疑問ですが。

この週末あたりが見ごろだそうですので、興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょう。

ちなみに、レストランは一応予約しておいた方が無難です。

http://www.chou-cho.junfoodservice.com/


カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

先日山口県で修学旅行の小学生が有毒ガスで倒れたというニュースが流れました。煙突のひび割れが原因だったということですが、メンテナンス・点検の重要性を改めて感じた事故でした。

ところで、修学旅行といえば、京都や大阪の小学校は、伊勢が定番でした。私自身もそうですが、宇治市の公立小学校に通っていたうちの子ども達は2人とも伊勢に行きました。それが秋芳洞に行くとは、時代が変わったなぁ~と感じていたのですが、たま球でもないみたいです。というのは、秋芳洞が開洞100周年記念ということで、さまざまな招致活動を行っているみたいです。

ひときわ気になったのが、夏休みに向けて、石井幹子氏プロデュースによる秋芳洞ライトアップイベントです。光と音を使って幻想的な演出が行われるとのことで、ぜひ見てみたいです。

期間は7月25日~8月2日までの9日間。いけるかな~

新しもん好き私は、昨年ソフトバンクから出たアイフォンを愛用しています。

従来のスマートフォンとは次元の違う性能に大変満足をしているのですが、大きな問題があります。

それは、ソフトバンクの電波が届かないということです。

もともと私の行動の中心である京都南部では、auが圧倒的に強いのです。ソフトバンクもエリアが広くなったので遜色ないよという言葉を信じていたのですが、実際に1年近く使っていると、けっこう入らないことがあります。特に私の電話が圏外なのに、隣でauやドコモの電話で普通に通話をしている方なんかを見ると、ウ~ンと悩んでしまいます。

先日、ある会の旅行で岡山方面に行きましたが、1泊2日の間ほとんど圏外でした。そのときも、au・ドコモは普通に通話してはります。

そんなこともあって、なんとかしないとと考えた挙句、ある画期的な方法を考えました。

auは私の家族も使っているので、通話量を”分け合い”にして1本新規契約をし、その電話を着信専用として使うことにしたのです。アイフォンが圏外の時に留守番ではなくこのau電話機に転送すれば、事無きを得るはず!!

こうして、実質負担なしでau電話を使うことに成功したのです!?

はたして使い勝手はどうなのか??

宅建協会の講習会で、「ゲーム理論」というのを勉強しました。

買い手・売り手の行動を、相手に行動との兼ね合いによって点数で評価し、どういう行動をとることが一番有利なのかを考えるという手法です。複雑な要素を省き、シンプルなモデルケースでの検証でしたが、心情的なものではなく論理的に判断するための考え方を勉強することができました。

とはいえ、世の中ややこしいことが絡み合ってものごとが進むわけで、モデルケースのようなことはありえませんよね。

page top