2009.8.19

神戸へ

久しぶりに神戸に行きました。しかも大学へ。ひょっとしたら卒業以来かもしれません。とすると22年ぶりということになります。いやあ多分そうです。

今月初めに、ふと神戸大学の同窓会誌に載っている広告が目につきました。国産無垢の木の家という内容の広告でした。広告主は株式会社神戸学術事業会、担当は経営学部卒業の設計事務所の方でした。

まさか同じ神戸大学の経営学部を卒業した建築士が、私のほかにもいるとは思ってもみなかったし、その上国産無垢の家ってよく似たことをしてるもんだと思い、連絡を取らずにはいられませんでした。さっそく、メールを送ったところ、一度会いましょうということになり、盆明けを待って行ってきました。

神戸学術事業会というのは、国立大学の法人化に伴い、これからの大学を後押しする目的で同窓生が学部の垣根を越えて集まり設立されたそうで、学会の運営や大学関連施設の管理、書籍の出版などをしているみたいです。社長さんも当然卒業生で37年卒業の方なので、私より26先輩??もっと若く見えましたが。

国産無垢の家については、神戸大学関係の財団が所有するロイスミス邸という昭和初期の洋館を改修された時に、日本の木の家の良さを改めて認識されたそうで、これをきっかけにスタートしたようです。

まだまだ始まったばかりで、これからというところのようでしたが、日本の伝統技術、日本特有の景観が消えていくことを危惧されており、共感するところがたくさんありました。神戸と京都で少し離れてはいますが、一緒に取り組みをできるかもしれません。

今後の展開が楽しみです。


カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

2009.8.17

お盆休み

今年のお盆は14・15・16と休みをとりました。

13日の夜に、7月に海外勤務から大阪に転勤になって帰ってきた高校時代の同級生を囲んでプチ同窓会を開き、翌日は母校の後輩たちの練習を見に行きました。といっても14日はお盆のお参りにお寺さんが来られるので、早起きして実家に行き、お参りがすんでから出かけました。夜はご近所の初盆のお参りがあり、田舎ならではの家用に追われます。

15・16は姉の家族といっしょに宮津に出かけました。

渋滞を覚悟していたのですが、それほどでもなく、4時間足らずで到着。その後、大学生の甥を頼りに総勢5人の子どもたちはマリンスポーツを、親たちは少しゆっくりと過ごしました。

16日の夜宮津では精霊流しと花火大会があるので、それがひと段落してから出発しました。ちょっと遅めの帰宅となりました。子どもたちはベッドへ直行、妻もさすがに疲れた様子で、帰りの車の中からぐったりで、こちらもベッドへ直行です。

帰りの運転に備えてたっぷり昼寝をしておいた私だけが、眠くないぞという感じですが、やっぱり休みのほうが体は疲れますね。

でも、良い気分転換ができたので、明日(日付はすでに変わっていますが)からはバリバリやります!

パラセイリングを楽しむ子どもたち

パラセイリングを楽しむ子どもたち

最近のお気に入り場所は洗面台の下です。

犬はそもそも穴を掘って巣をつくる習性があるので、穴倉みたいな所だと安心して眠れるみたいです。

ウチのファインは、夏場は冷たいタイルの上で寝ていることが多いのですが、最近はここがお気に入りのようです。

昨日2か月ぶり(ちょっと引き延ばし過ぎた!)のトリミングをしてもらってすっきりしました。

カテゴリー:ペット | コメント (0) |

この間から芝生の目土を入れようと思っていたのですが、雨続きだったもので芝刈りもできずにお盆前になってしまいました。

明日からのお盆もびっしり予定が詰まってしまったので、どうしたものかと思っていたんですが、今朝思い立ってやりました。

ちょっと朝早いんで音がするかなと気にしながらも、6時半ごろから芝刈りをはじめ、そのあとサッチをとって目土を入れました。

長いこと目土を入れていなかったので、買ってあった3袋では半分しか敷けませんでした。今度買い足して入れておかないといけません。

早朝だったので、蚊も少なく暑さもましでした。

そのあと、今日はお客を乗せないといけないので、そよかぜ号ではなくワゴン車に乗って出かけたのですが、これも雨続きで汚れていたので、洗車をしに行きました。

なんだかんだで、ただいま出勤です。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

今朝早く東海沖を震源とする地震がありました。静岡県では震度6弱のところもあったそうです。

京都では震度2~3程度だったと思われますが、眠っていたせいもあってか、揺れは全く感じませんでした。

でも、起きました。というのは、ご覧のドアベルが地震の振動で揺れたのでしょうか、カランカランと軽快な音を立てたのです。同時にファインがワンワン吠えるもんですから、誰か玄関から入ってきたのかと思って飛び起きました。

1階に下りてみても人影はなく、玄関の鍵はかかっています。ちょうど昨夜から玄関ホールの照明器具のセンサーの調子が悪く、自動で消えるはずなのに消えてくれません。ひょっとしたらなんかいるのかも・・・なんて思いましたが、そんなアホなと考えなおし、それでもなんだか気持悪いので、しばらく1階で様子を見ていました。

5分ほど経って何もないので、大雨の状況はどうなったのかと思いテレビをつけてみると、地震の報道が。

なんや地震やったんかと少しホッとしました。

それにしても大雨の次は大地震、どうなっているんでしょうか?

昨夜から京都府周辺でも大雨が続いているようです。大雨洪水警報が各地でてています。

最近では市町村単位で警報が出ますが、警報と聞いても、「またか」くらいにしか思えないほどしばしば発令されます。

昨夜からはそれに加えて土砂災害警戒警報に避難勧告・竜巻注意報まで出されるなど、尋常ではありません。

今日は台風が接近するとのことで、さらにまとまった雨が降ることが予想されます。

では、どう備えたらよいのでしょう?

まず、竜巻。これは逃げるしかありません。逃げられないときは家の中に入ってしっかり戸じまりして、1階にいるのがよいと言われています。屋根や2階部分が吹き飛ばされたりすることがあるからだと思います。

一方大雨の場合は、浸水の恐れのある場合は大事なものを2階に運んでおくなどする方がよさそうです。しかし、台風で強風が吹いている場合は、2階が飛ばされるということを考えると安全ではありません。身の安全を第一に考えれば、非難ということになりそうです。大雨の場合は、竜巻と違って時間的に余裕があることが多いので、多少の荷造りなどもできます。緊急時に備えて避難袋を備えておられる方もいらっしゃいますが、普段からの準備が重要です。我が身の安全を確保したら、災害弱者といわれる独り暮らしの方たちの心配もしてあげましょう。

ところで、今日8月10日は、宇治川花火大会ではありませんか!荒天延期とのことなので、順延される可能性もあります。

ちなみに今年は花火の映像がライブ中継されるらしいです。http://www.ujihanabi.jp/live01.html

ご参考までに。

我が家のファインちゃんが足を痛めたのはもう2週間も前なのですが、今だに時々思い出したようにびっこをひいています。

前にもおざわ動物病院で診てもらっていたのですが、そのときは消炎剤をもらって、しばらく経っても治らない場合はレントゲンを撮りましょうということでした。先週から行こうと思っていたのですが、なかなか時間が取れず、日曜日になってようやく行くことができました。

今回はレントゲンを撮ってもらいました。診断によると、膝のおさらが外れてしまう癖があるようで、小型犬にはよくあるのだそうです。今は炎症があるのでときどきびっこをひいていますが、炎症がおさまれば普通に歩くことができるそうです。ただし、ひざの状態は4のうち3とのことで、これ以上悪くなったら手術が必要かもしれません。大変なことです。



7月の後半、ロッテリアが「絶妙ハンバーガー」を発売しました。おいしくなかったら返金するというので、ずいぶん話題になりました。残念ながら私は食べる機会がなかったのですが、気になるニュースを見つけました。

7月31日でキャンペーンが終了したのですが、その間に返品をした人の数が発表されました。報道によると、半月で販売数は約119万1897個に達し、返品数は2284個、返金率は0.2%だったそうです。

また、返品の理由は、「たまねぎが辛い」「わさびがきつい」などだったそうです。

返品率0.2%という数字はどうなのでしょうか?実際に食べて、味を吟味して、これは返品しないと納得できないと感じたのか、それともはじめからタダ食いするつもりだったのか、掘り下げてもらいたいところです。

いずれにしても、おいしくないので返金してくれ、と店員にいうのはどんなもんでしょうか?まわりのお客さんからはジロジロ見られるでしょうし、かなり勇気ある行動だと思いませんか?そうしてまでも360円を返せと言える根性というか信念が素晴らしい。

一方、店員の方はどうだろうか?きっと返品を要求されたときの対応もきっちりとマニュアル化されているのでしょうが・・・返品の理由について統計がとられていることを考えると、そうとう腹のすわったうるさい客に対して、クールに理由などを聞いているのでしょうね。これまた大したものです。


2009.8.8

山城ぶどう

私の生まれ育った木津川市では、地域特産品がいくつかあります。

いちばん有名なのは”やましろたけのこ”ですが、この季節は”やましろぶどう”です。

数年前に、山城たけのこの産地偽装があり、地元のたけのこ缶詰工場は閉鎖しました。ぶどうに関しても、そこらへんで売られているやつは何となく不安を感じてしまいます。

私の場合、地元の利を生かして、たけのこにしてもぶどうにしても、生産者から直接買うことができるので、その点安心です。

ぶどうは7月~8月が最盛期なので、お中元や手土産に持っていくと喜んでいただけます。

私がいつも利用するぶどう屋さんは「静香園」という看板がありますが、ホームページも何もありません。たまたまそこのそこの奥さんと母が知り合いだったので、毎年そこで分けてもらうようになりました。

数日前、ちょっと手土産に持っていこうと立ち寄ったところ、倉庫一杯にぶどうが並んでいました。これが毎日出荷されるのだからその大変さは察しがつきます。ご夫婦で育てて収穫して販売までやっておられるのですから、儲かるやろなあ~と思いながら店を後にしました。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

2009.8.7

七日盆

私の住む木津川市では、七日盆(なぬかぼん)という風習があります。

関西には結構多いようですが、その日に行うことはまちまちのようです。

我が家では、毎年7日までにお墓参りをして掃除をしたりするのですが、最近は7月の日曜日にいわゆる”出合(であい)”仕事で掃除をしますので、七日盆の時は簡単な掃除だけで済みます。

お墓参りの後、お寺にお盆のお供えをもっていきます。

お盆のお供えは、昔の名残でお米をもっていいきます。いつもは母が持っていくのですが、長男である私が行くのがよいというので、初めてお盆のお供えをもっていいきました。五合枡ほどの大きさの重箱に米を入れ、風呂敷に包んでもっていきました。重箱も風呂敷もふだん持つことがありません。何となく新鮮だなと思いつつ、お寺に行きました。

お寺で風呂敷を差し出すと、住職の奥さんが手慣れた感じで、米を大きな桝に移し、お下がりのお菓子を一緒に包んでくれました。そのあと本堂に上がって拝んでもらう方もおられるのだそうですが、今日は時間もないのでご辞退しました。

戻ってくると、私の妻が一緒に行こうと思っていたのにと怒っていました。どうやら母から、ついて行って本堂で拝んでもらってくるように言われていたようです。嫁はいろいろと気苦労があるのですね。

田舎ではいろいろと決まりごとがあります。特にお盆はなにかと用事が多く、実家に事務所を置く私にとっては結構忙しい時期になっていることは間違いありません。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

page top