住宅エコポイントについて、新築の場合はかなりハードルが高く、審査書類もなかなかのボリュームです。ところが、リフォームの場合は比較にならないほど簡単です。

すべての窓を断熱化することが前提になりますが、それができれば、手摺の設置や段差解消、断熱材の設置など、写真や納品書を添付するだけでポイント申請ができます。

先日リフォームさせていただいたおたくでは、あわせて27万ポイントゲットです。これはお得感が高いです。

逆に言うと、新築の30万ポイントが少なすぎるんじゃないでしょうか。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

長期優良住宅の普及促進のための助成金が、本年度も10月末で締め切りとなります。

前にも書きましたが、これを受けるためにはかなりの時間を要しますので、実質上今年度は打ち止めとなります。

先日来手続きを進めていた案件が、ようやく「補助金交付決定」となりました。

はじめのステップである、長期優良住宅の技術的審査の申請を提出したのが7月30日でしたので、まるまる2カ月を要したことになります。具体的には、通常の確認申請と並行して、①技術的審査(3週間)②京都府の認定(3週間)③補助金の申請(1週間)と、3つの手続きを行うことになります。①・②に支払う付加的な手数料(③は無料)等はあわせて7万円くらいですが、それに伴い書類作成(特に①は膨大です)があることは言うまでもありません。

これだけやってエコポイント30万円だったら、やめておいた方がよいというかもしれませんが、今回は100万円いただけるということなので、頑張りました。

通常の確認申請のみの手続きでしたら、2~3週間ですからずいぶん時間がかかることになりますが、これもやむを得ないということになります。

この決定を受けて、いよいよ本格的に着工ということになります。やれやれ・・・

エコキュートの導入にあたって国の補助制度がありますが、先日第4期の募集が締め切られました。

例年、わずかな予算枠に対して多くの申し込みがあるので、抽選で決定されます。

今回も多くの申し込みがあったようですが、なんと、”当たりました!!”

当社のお客様で、10月にオール電化をされる方がおられるのですが、ダメもとで申し込みをしてもらっていました。

これはラッキー!!4万円ももらえます。(ウチがもらうわけではありませんが)

それにしても、私は個人的にも何かとついています。調子に乗ってBIGを1口(300円)買いました。

カテゴリー:エコ, 暮らしの情報 | コメント (0) |

2010.9.24

とれたての栗をいただいたので、さっそく茹でて食べました。

猛暑のせいで例年よりは小粒だそうですが、立派な栗です。

雨が少なかったためか、甘みもしっかりして濃厚な味でとてもおいしかったです。

急に寒いくらいの天候になってしまいました。

私も今日から長袖です。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

2010.9.18

地盤改良

最近では地盤調査を当たり前のようにするようになりました。

何十年も前から建物が建っていて、その建物が不同沈下などを起こしていなければ、安定した地盤であると推定できますが、今回は更地になってから購入した土地なので、それを見ることはできませんでした。

けれども、このあたりは、旧街道沿いにあたり、それこそ奈良・平安時代から建物が建っていたかもしれないようなところである上、近隣の建物を見る限り、特に損傷のあるようなものはありません。そのあたりから考えて、おそらく改良はしなくてよいだろうと、タカをくくっていたのですが・・・

いざ調査をしてみると、軟弱な層が点在しており、柱状改良をするよう解析結果が出ました。

こうなると改良しておく方が安心です。

オーガーで掘ったときに、丸い石がたくさん出てきました。やはり木津川の氾濫が繰り返された土地だというのがわかります。

写真は、湿式柱状改良を終えたところ。

基礎の外周部は根入れが深いので、杭頭も低くなります。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

2010.9.16

模型の撮影

今回の模型は、模型屋さんにつくってもらいました。

いつもは自作するので、窓や天井などの高さ関係はバッチリリアルにつくりますが、人に頼むと詳細を読み切ってもらえないことも多いので、少々不安でしたが、ご覧の仕上がり。

内観パースもみてもらったので、内部もリアルに作ってくれました。

こんな細かい細工は、私にはできません。さすがはプロです。

ちょっと立て込んでたのでお願いしましたが、値段もスペシャルだったので大満足です。

お客様にも喜んでいいただけました。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

ちょっと大きめの薪置き場をつくりました。

間口3.6m奥行0.9m高さ1.8m

前後2列に積んで、これで約1tです。

満タンに入れれば2tくらい入るかな?毎日燃やすならこれくらいの置き場が必要です。

先日引渡をしたお宅に点検に伺いました。

特に不具合もなく早々に点検を終えたところ、子供たちがいろいろと新しい家について自慢をしてくれました。

なかでも一押しは、このプラレール。

トンネルやスロープをつくってあります。

実はこれ、ロフト(屋根裏部屋)につくってあります。

ロフトなら、プラレールを広げたまんまにしておいても、お母さんに叱られることはありませんから、いつでも遊ぶことができます。

写真には写っていませんが、この横には、お姉ちゃんと妹さんがつくったお人形さんの家がありました。

そうなんです。真夏の屋根裏部屋で遊べるなんて、すごいと思いませんか!

さすがに真夏の日中のロフトは・・・と思うのですが、ご覧の通り、子供たちは平気で遊んでいるようです。

実は、ここのお宅は、2階ホール部分をファミリールームにし、その上にロフトを設けているのですが、ファミリールームの高いところにエアコンをつけているので、ロフトにもエアコンの冷気が多少は届いてくれます。

さらにこのエアコンの風は、吹抜けのシーリングファンの活躍もあって、家全体に行きわたります。

昨日のような暑い日の日中でも、エアコン一台で過ごしておられました。

そう、性能だけでなくそれを生かすデザインが重要なんです。

これが「健康住宅そよかぜの家」です。(ちょっと自慢です)

このところ京田辺が全国ネットになっています。

先日9月の国内最高気温を記録したとして、ニュースに出ていたのですが、昨日の京都新聞に、アメダスの測定器がつる草で覆われている写真が載っていて、データの信ぴょう性が問われると書かれていました。

それがまた夕方のニュースでどっと報道されて、ちょっと有名になりました。

今朝の新聞では、39.9度は今のところ公式データとして認めるけれども、さらに検証するとの発表が報じられていました。

すぐお隣の京田辺市のことですので注目していますが、あまりうれしい話題でもありません。

けれども、京田辺市のアメダスがそうだったのだから、全国に数千か所(?)あるポイントはどうなのだろうかと思ってしまいます。

京都府下の全個所を点検するよう指示があったらしいですが、他の府県は大丈夫??

高齢者のデータが嘘ばっかりでしたから、気温のデータも怪しいかもしれませんね!?

なんでこんな真夏にとお思いでしょうが、そよかぜの家なら大丈夫です。

御承知の通り、愛犬ファインが合宿訓練に行っているのですが、「その間にやる!」と、妻が燃えておりまして・・・。

なんと、昨日は5時間も屋根裏部屋に閉じこもって格闘していたのだとか!?

それでも、妻いわく「意外と涼しかったで」だそうです。

工事中に、屋根裏部屋の作業をする職人さんが、真夏でもそれほど暑くないと言ってくれますが、主婦の証言としては新鮮です。しかも5時間とは・・・よく頑張りました。


カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

page top