久々にICASの工事をしています。

お子さんの成長に合わせて、広い子供部屋を2つに分ける工事をするついでに、アレルギーをお持ちのご家族のために、ICASを導入することになりました。

リフォームの場合、既存のクロスをはがしてヘルスコートを塗ることもありますが、なかなかうまくめくれずに苦労することが多いので、今回はクロスの上から施工する方法をとりました。

クロスの上から、特別に用意したシーラーを塗り、よく乾燥してからヘルスコートを塗ります。

あいかわらず、強烈なにおいです。ペンキ屋さんは厳重にマスクをして施工しています。家の方にはしばらく屋外へ避難していただきました。

ICASアダプターを接続する場合、ヘルスコートは3回塗りますので、明日日曜日を挟んで、月・火であと2回塗ります。

ご辛抱ください。



カテゴリー:健康, 現場情報 | コメント (0) |

長い間準備を重ねてきた”流しそうめんギネスに挑戦”がいよいよ明日本番を迎えます。

地震のこともあり、開催を自粛するべきかとの声もあったのですが、ずいぶん前から膨大な労力をつぎ込んでここまで来ていますから、なんとかやり遂げようと決行されることになりました。

今日は最後の総仕上げ。でも、どこまで行っても完璧にはなりません・・・

ちなみにこの辺は世界記録を更新した後通るところです。

地震の影響が急激に広がっています。

先日も書いたようにベニヤなどの建材が在庫不足になっていたのですが、もはやどこにもないという状態だそうです。

神戸の地震の教訓もあり、流通や建設関係の業者が買い占めているに違いありません。

ベニヤは値段が相場で動くので、品薄になれば値が上がります。こんなときに金もうけに走るなんて・・・。


2011.3.16

完成写真

生駒市で全面リフォームをしたお宅の写真です。

アップするのが遅くなりました。

こちらは築30年の古家を購入され、ビフォーアフターなみの大改修をさせていただきました。

もともと、しっかりとした設計監理のもと建てられた建物のようで、30年前にもかかわらずきっちり図面も残っていました。それをもとに現在の耐震基準に照らしてチェックしたところ、基準を満たしていましたので、特に耐震改修をすることなく、既存の耐力壁を温存しつつ間取りを変更するプランを提案させていただきました。

お客様はそよかぜの家の性能についても、魅力を感じていただいていましたが、リフォームで高気密・高断熱化することは、かなりコストのかかることでしたので、今回は比較的少ないコストで高い効果を上げられる、窓の断熱化だけで辛抱してもらいました。その分内装にしっかりと予算を割り当て、自然素材をふんだんに使い、薪ストーブやロートアイアンなどのアイテムも導入し、ナチュラルテイストなお宅へと生まれ変わりました。

こちらのキッチンは現場造作でつくりました。奥様の細かなご希望を反映してできた自信作です。

写真では、一部の部屋しかご紹介していませんが、新築と思うほどの変貌ぶりです。


今年は杉花粉の飛散が例年よりずいぶんと多いという情報がありますが、実際に花粉症の方は大変なようです。

かくいう私も、花粉症なのですが、私の場合は杉はほとんど反応せず、ゴールデンウィーク後くらいにぐずぐずし始め、花粉症かなと思っているうちに梅雨に入って終わってしまうというのが例年のパターンです。

私自身、”そよかぜの家”に住んでもうすぐ丸7年になりますが、年々花粉症の症状は緩和されてきています。

なぜ、そよかぜの家に暮らすと花粉症が緩和されたのか、その原因はいくつか考えられます。

1)計画換気によって、屋外の空気はフィルターを通して入ってくるので、屋内への花粉の侵入が少なくなる。

2)温度差の少ない室内環境なので、季節の変わり目の温度差などによる身体への負担が小さく、体力が温存されている。

3)シラスやしっくいなどの自然素材の持つ力で、身体の自然治癒力が高まっている。

4)さらに、ICAS(アイキャス)システムを導入しているので、マイナスイオンによって身体の自己治癒力が高まっている。

などなど・・・・

とはいえ、アレルギー症状というものは、シャキッと治るものでもありませんので、できるだけ症状を緩和しながら付き合っていかなくてはいけません。そういう意味で、住環境は大きな要素であることは間違いありません。

そんな私ですが、ここ数日私は目がかゆく、くしゃみが止まらなくなることがあり、鼻炎用の薬のお世話になっていました。

今日はなんとか薬なしでいけそうです。果たしてこれは花粉の影響なのか??

自己分析によると、私はいつもまず目がかゆくなり、目をこすると鼻水が出て、また目をこすって・・・もう止まらないというふうになります。どういうときに目がかゆくなるのかというと、必ずしも花粉の飛散は関係ないのです。日中屋外で過ごしていると、紫外線に焼けてしまうのか、目がかゆくなります。スキーをした後になる雪目みたいな感じです。つまり、花粉というよりは、紫外線に弱いようです。対策として、車には常時サングラスを置いていますが、屋外で作業をするときに、サングラスをかけてするのはちょっと横着な気がして、そのまま頑張っていしまいます。

先週末の土曜・日曜とほとんど屋外で過ごしたので、その影響で今回の症状になったものと信じ、杉花粉は大丈夫だという自己暗示をかけて、今日を乗り切ろうと思います。

私の話はさておき、冒頭でのお話しの通り、例年にも増して花粉対策は念入りに行いましょう。

カテゴリー:暮らしの情報 | コメント (0) |

11日に発生した大地震とそれに伴う大津波は、目を疑うような光景でした。

日を追うごとにその被害状況が明らかになり、愕然とする毎日です。

関西への直接的な被害はないものの、物流などにはすでに影響が出てきています。

また、停電の影響もあり、操業を停止している工場も多数あるようで、すでに資材の取合いの様相を呈しています。

阪神淡路大震災の時もそうでしたが、仮設住宅建設のため、仮設ハウスやベニヤ・ボードの需要が見込まれ、すでに確保が困難になっているとか・・・

今回は被害が広範囲におよび、電力供給にも問題があることから、阪神淡路の時にも増して混乱が予想されます。

ついこの間まで、断熱材がないと騒いでいましたが、それどころではなくなりそうです。


1月に引渡をしたお宅です。

着工直前にお生まれになった赤ちゃんもふくめ、親子4人が暮らす家です。

外装のコストは抑えめにして、内装は自然素材を存分に使いました。

太陽光発電設備も備えたオール電化住宅。暖房が苦手なオール電化住宅でも、気がねなく全館暖房が行えるように、蓄熱暖房機も備え付けました。

引越後、ものすごく寒い日が続いたのですが、驚くことにほとんどこの蓄熱暖房機だけで過ごせたといいます。

リビングダイニングと続きの小上がりの畳スペースは、赤ちゃんがはいはいできるように、今は掘りごたつはしまってあります。

テーブルが畳の下にしまえるような仕掛けにしています。畳下は収納スペースとしても使えるようにしています。

吹抜けを通して光が降り注ぐ、すっごく明るい家です。

ちなみに、こちらのお宅は、平成22年度木のいえ整備促進事業の補助金100万円を受けています。

そよかぜの家なら、長期優良住宅の省エネ性能をクリアします。間取りにもよりますが、今回は無垢の木材だけで耐震性能もクリアすることができました。言葉だけの”長期”ではなく、本当に長い間にわたって安心して暮らせる家づくりをするには、制度基準だけに振り回されず、キッチリとした技術に裏付けられた信念が必要だと私は考えています。



カテゴリー:施工事例, 現場情報 | コメント (0) |

気温は低いのですが、季節は確実に進んでいますね。

写真は私の実家の庭にある梅です。

ここから車で10分くらいのところに、青谷梅林がありますが、ちょうど梅まつりを開催中です。

のぼりがたくさん出ていますが、これだけ寒いと人出はもう一つかもしれませんね。


page top