尖山ショールームとして皆さんにご覧いただいている私の自宅は、築後9年目に入りました。

しっかりと作ってあるとはいえ、自然素材をそのまま使うこともあり、そろそろメンテナンスを要するところもでてきました。

今年に入って2カ所修理をしました。

1つは階段の周り段板、もう1つはウッドで木の板です。

階段の周り段板は、幅が90cmほどにもなるので、3枚の板をはぎ合わせて(横方向に繋ぐこと)作っていましたが、端っこの細くなった部分にビス止めをした箇所があり、早い段階で割れが生じていました。上り下りするときに力がかかるところではないので、そのまま放っておいたのですが、4月の末頃になって、剥がれ落ちそうなくらいになってしまったので、修理をしました。

大工さんに来てもらって、割れの原因となっているビスをほどき、割れた個所に接着剤を入れ繋ぎ合わせ、止め直しました。

所用時間は15分くらいでしょうか。何事もなかったように直りました。

せっかく大工さんに来てもらったので、ついでにウッドデッキの板を1枚取り替えてもらいました。

一枚だけ白くなりました。横に立てかけてあるのが外した材です。

どうしてこの一枚だけが傷んだかというと、”くされ”といわれる症状になったためです。

木には節があったり皮が入り込んだりする部分が生じますが、くされというのは、何らかのダメージを受け、腐朽菌の影響を受けてしまった部分を言います。

製材して加工する段階で、選別しますが、表面に現れてこないと見逃してしまうことがあります。

うちの場合、ウッドデッキやウッドバルコニーなどをあわせると、70㎡分くらいありますが、そのうち家の裏側の比較的日当たりの悪い箇所の1枚が、交換を要したということになります。

他にも少し痛んでいる箇所はありますが、そのうちにまとめて修理しようと思います。

そよかぜの家では、ウッドデッキやウッドバルコニーをよく作りますが、すぐに傷んでしまうんじゃないかと心配される方もおられます。もちろん、自然の木をそのまま使いますから、今回のように欠点が現れることもありますが、南洋材や防腐剤注入材を用いても同じことです。傷んだところを早めに修理することで、健全な箇所への防いでいれば、ずいぶんと長持ちさせることができます。

また、こういう小修繕の機会に、お客様と職人さんたちがコミュニケーションをとることは、家をずーっと守っていくうえで大切なことだと思います。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

2012.5.21

地鎮祭

昨日は綴喜郡で着工する現場の地鎮祭を行いました。

好天に恵まれ、つつがなく終了。工事の無事を祈願していただきました。


カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

この春竣工した現場をUPしました。

いずれも、そよかぜの家が得意とするナチュラルテイストたっぷりのお宅です。

ぜひご覧ください。

http://www.soyokazenoie.com/list.php?mode=all


カテゴリー:施工事例, 現場情報 | コメント (0) |

page top