2013.2.25

ガス圧接

今日は、私にとっては珍しい作業を見ることになりました。

これは、鉄筋の圧接作業です。

住宅の基礎ではあまり太い鉄筋を使わないので、重ね継手といって、2本を重ね合わせてつなぎますが、

ご覧のような太い鉄筋は、圧接を行います。

鉄筋の小口を磨いて、突き合わせながらガスで熱することで、二本の鉄筋が一体となります。

そして、圧接部分に空洞や異物混入などがないかを確認する試験がこちら。

超音波探傷試験という方法で、2つのセンサーをあてがい、超音波を送ります。

異常があるとアラームが鳴る仕組みです。

こちらの現場は、鉄筋コンクリートの建物の耐震補強工事をしています。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

本日設置した太陽光パネル。

E-SOLARという国産メーカーのもの。

単結晶で1枚当たりの出力は205W。

こちらのお宅は20枚載せて、4.1kwの最大出力です。

廻りに障害物は全くなく、これ以上ない条件ですから、相当期待できそうです。

カテゴリー:現場情報 | コメント (0) |

尖山ショールームには2台の24時間換気扇を設置しているのですが、しばらく(たぶん4~5年)掃除をしていませんでした。

思い立った時にやらないと・・・

取出してみると、こんな状況。数年分のホコリがしっかりたまっています。

これが1階用。1回には薪ストーブやお仏壇などもあり、ほこりがやや多いですが、数年分になると2階との差は歴然です。

シロッコファンの間を、綿棒でホジホジすると、この通り。結構取れました。

2階はこれの3分の1くらい。2台で所要時間20分。

これだけとれるとやってよかったと感じます。


そよかぜの家にお住まいの方、2006年ごろまでに完成したお家は、これとおんなじタイプの換気扇をつけています。

天井裏に換気扇が入っているという方はそうです。

掃除をしていないという方は、勇気を出してやってみましょう。

やり方を忘れたという方はご連絡ください。

2006年以降で、洗面所などに換気扇がボンと飛び出していて、普段フィルター掃除をしている方は、新しいタイプですので、本体を掃除する必要はありませんので、ご安心ください。


page top