詳しく

家族の絆が深まる間取り 住宅の間取りはふだんの暮らしに 大きく影響を与えます。 生活の中で、家族が自然と顔を合わせ、 一人になりたいときはゆったり落ち着ける。どちらもとても大切なことです。  子どもの好奇心にまかせ、ひとつのことに 集中できるプライベートな居場所や、 家族が今どんなことに興味を 持っているのか自然と知ることができ、 一緒に語らったりする場所。 そんな間取りをつくることで、 親と子の絆がぐっと深まります。  ここではそんな、 ご家族のための家づくりを考えます。

ライフスタイル別の住まい 子育て中心の住まい

そよかぜの家 子育て中心の住まい

高度成長期に建てられた家は、個人のプライバシーが重視され、兄弟姉妹の少なくなった子供達には幼いころから個室が与えられ、必要以上に大切にされました。その結果、家族のコミュニケーションが不足し、気持ちを上手に伝えられない子供たちが増えてしまったのです。最近では、子供も携帯電話やスマートフォンを持つのが当たり前になり、ますますコミュニケーションが不足する状況になっています。また、夫婦共働きで生活に追われ、子供のしつけさえ学校に依存する傾向が強いのも実情です。
そんな中、普段の生活の中で、家族や兄弟姉妹とのコミュニケーションを通して、しつけ・子育てをしていこうという気運が高まっています。

家族のコミュニケーションと プライバシーを大切にする間取り

家族の集まる場所をつくる

小さなお子さんは、勉強するときも・ゲームをするときもずーっとお母さんのそばにいたいものです。子育て世代の家づくりのポイントは、お母さんが家事をし ているすぐそばに、子供の居場所を作ってあげることです。といっても、子供部屋を作るということではありません。ダイニングテーブルを勉強机と兼用できる ようにしたり、リビングに小さいテーブルやカウンターを備えつけたり、子供のおもちゃやちょっとしたものを片付ける収納スペースをそれらの近くに設けた り、ちょっとした工夫でできてしまいます。重要なことは、子供にとって居心地を良くしてあげることです。子供部屋に引きこもるより、家族と一緒の空間にい る方が楽しくて快適に過ごせるようにする必要があります。
同じことはお父さんにも言えます。ふだん家にいないお父さんが、せっかく家にいるんだから、子供たちと一緒の空間でテレビを見たり本を読んだり、趣味の道具の手入れをしたり出来るといいですね。
そんな家族みんなが集える場所をつくる工夫が大切です。

階段の位置・吹抜空間

住まいの基本性能を高めることにより、ロフトや吹抜といった空間も、冷暖房の効率を心配することなく自由に作ることができます。
玄関から入ってすぐに階段があって、そのまま2階子供部屋に入れるような間取りが、今までは多かったのですが、階段をリビングにもってくることもできるよ うになりました。そうすることで、「ただいま」「おかえり」の挨拶が当たり前にできるようになり、そこで一言言葉を交わすことができます。また、友達が遊 びに来た時も、家族と顔を合わせることになりますから安心です。
リビングに吹き抜けがあると、天井の高い開放的な空間になりますから、”居心地”は格段に良くなります。また、吹き抜けを通して、2階の部屋の気配を感じることもできます。
リビングで見ているテレビの音が家中に聞こえてしまうという欠点もありますが、そんなときはちょっとボリュームを絞る気遣いをしたり、共同生活でのルールが自然と身に付きます。

プライバシーを大切にする

コミュニケーションを大切にする傍ら、成長に合わせてプライバシーにも当然注意を払わなくてはいけません。子供とはいえ一人になりたい時もあります。常に ひきこもっていては困りますが、ちょっとホッとできる場所も必要です。兄弟姉妹がいるときは、小さい間は一部屋の方がよいでしょうが、いずれは個室にしてあげることも必要になるかもしれません。

子供部屋は何畳?

世の親たちは、子供をかわいいと思うあまり、子供部屋を日当たりのよい南面に配置し、ゆったりとした空間を与えようとしてしまいますが、これは”?”です。
そもそも、幼いころはお母さんについて回りますから、子供部屋は寝るだけですし、成長すれば昼間は学校ですから、日のあたる昼間は部屋にいません。だとし たら南面にする必要は全くありません。勉強部屋と考えるならば、一日中安定した採光がとれる北面の方が適しています。また、あまり居心地良くしてしまうと、自分の部屋で何でもしてしまいますから、ちょっと狭いくらいが丁度よいのではないでしょうか。

感性を刺激する住まい

成長段階の子供が暮らす家が、刺激的な空間であれば、子供の感性も豊かになります。
たとえば、床材に節のある無垢のフローリングを使うと、見た目にもランダムな節が刺激になりますし、凸凹な表面が足の裏を刺激します。あるいは、壁や天井の色づかいについて、ワンポイントでパステルカラーが入っていたりすると、色彩感覚が豊かになります。吹き抜けなど縦横に広がりのある空間や、木の香りなども、感性を刺激してくれます。

page top

  • 子育て中心の住まい
  • 薪ストーブのある住まい
  • ペットと暮らす住まい
  • エコな暮らしのある住まい
  • 家庭円満な住まい