詳しく

ふだんの暮らしがエコになる、家づくり 近年、地球温暖化などの環境問題について 日常的にテレビなどで取り上げられ、 「エコロジー」への関心はますます 高まっています。  エコバッグや竹の割りばし、エコカーなど 身の回りにはいろいろな方法で エコを行うことができます。  では、暮らしの中心である住まいでは、 エコはできないのでしょうか?  いえ、そんなことはありません。 住まいにおいては、家づくりを工夫すれば 住んでいるだけでエコになるんです。

ライフスタイル別の住まい エコな暮らしのある住まい

そよかぜの家 エコな暮らしのある住まい

高気密高断熱の家なら、冷暖房効率がグンとよくなりますので、エネルギー消費量を減らすことができます。
また、採光や通風 を利用するパッシブデザインにすることでも、省エネ効果が上がります。住宅の断熱性を決める大きな要素の一つが窓です。
ペアガラスなんてのは当たり前ですが、高性能の断熱サッシや樹脂・木製サッシ、ガラスに関しても高遮熱ガラスなどを使えは、ずいぶん変わります。

住んでいるだけでエコになる住まいづくり

庭に緑を

敷地いっぱいに家を建て、空地はコンクリート舗装してしまうようなところが多いですね。少しでも多く土をのこし、木や花を植えましょう。毎日水やりをし、 ついでに道路に打ち水をすれば、いわゆるヒートアイランドの緩和につながります。見た目にも美しく、環境にも優しいので、ぜひ取り入れてください。
散水用の水には、雨水利用のタンクもあります。地下に埋めてポンプアップするようなたいそうなものもありますが、置くだけの簡単な樽でも十分。ちょっと場所は取りますが、いかがでしょう?

大阪ガスの「エコウィル・エコジョーズ」
関西電力の「エコキュート」

大阪ガスは、ガス給湯機がお湯を沸かすときの排熱を利用して、燃焼効率を向上させたり、発電をしたりするシステムを、一方関西電力は、深夜の安い電気代を有効に活用するシステムを進めています。どちらが得なのとよく聞かれるのですが、住まい方によって違うので一概には言えません。ライフスタイルにあった、熱源を選ぶことで、エネルギー消費量を抑えて、お財布にもやさしく。

太陽光発電システム、燃料電池

住宅用の太陽光発電システムは、ずいぶん普及してきましたが、一方で雨漏りのトラブルが多発しています。長いスパンで考えて安心できる方法で施工しなければいけません。また、燃料電池についても、ようやく採算ベースになってきました。技術の進歩は目覚ましいですが、新しいものに飛びつくのではなくご自身のライフスタイルに合ったシステムを導入することが大切です。

page top

  • 子育て中心の住まい
  • 薪ストーブのある住まい
  • ペットと暮らす住まい
  • エコな暮らしのある住まい
  • 家庭円満な住まい