発泡材料系断熱材×外断熱工法で、 結露がないからカビも生えないし清潔

そよかぜの家が使っている断熱材は、硬質ウレタンフォーム(発砲材料系断熱材)です。これは独立気泡と呼ばれる小さな泡の中に、熱伝導率の極めて小さなガスを閉じこめたもので、とても優れた断熱性能を有しています。
また独立気泡構造なので、水や水蒸気の浸入に対して強いのも特徴です。両面アルミ箔で一体成形したものを使用していますので、内部結露の心配もありません。発砲材料系断熱材は、繊維系断熱材に比べ断熱性能が高いだけでなく、通気性・浸湿性が低いため、水蒸気の侵入により断熱性能が落ちる心配がないのが特徴です。

内断熱の場合

従来の内断熱工法では、グラスウール(繊維系断熱材)を使用していました。
一般的な内断熱工法の場合、下図のように外壁の部屋内側に設置します。
繊維系断熱材は断熱材の内部で結露が起こる恐れがありますので、外部側に通気層を確保することと、室内側に防湿剤を設けることが必要になります。
けれども実際の現場では電気配線や開口部との干渉もあり、防湿層の完璧な施工は困難ですし、通気層の確保に関しても、高い技術を持った職人が施工しても、非常に難しいのが実状です。
そのため温度変化による結露(内部結露といいます)は避けられず、カビやダニ発生の原因になってしまいます。また、断熱性を優先して断熱材の厚みを大きくすると通気が不十分となり、湿気が滞留して、大切な柱や土台を腐らせたりする恐れもあります。

内断熱の壁

屋内の間仕切壁においては、暖房室と非暖房室との間で温度差が生じるため、図のように寒いほうの部屋に接するボードの内側に結露が起こります。
リフォームするときに、壁をめくると、どこもカビだらけで湿っぽい臭いが充満しているのはこのためです。

外断熱の場合

そよかぜの家の断熱は外断熱手法をとっています。
外断熱は柱や梁といった構造材をまるごとすっぽりと断熱材で包みます。
柱の外側から張るため、連続した断熱層ができると同時に、高い気密性が得られます。
下図のように壁の内部も部屋内とほぼ同じ温度・湿度環境になります。
また、大切な構造体を外気から守ることもできます。
そして何より、家中の温度差が少ないので、間仕切壁の中でも結露の心配がありません。

外断熱の壁

屋内の間仕切壁においては、暖房室と非暖房室との間で温度差が生じるため、図のように寒いほうの部屋に接するボードの内側に結露が起こります。
リフォームするときに、壁をめくると、どこもカビだらけで湿っぽい臭いが充満しているのはこのためです。

効果的な計画換気で結露を防ぐ

空気中に含むことのできる水蒸気の量は温度によって変わります。
温度が高いと多くの水蒸気を含むことができますが、温度が下がると、含みきれなくなった水蒸気は結露します。
従来の生活では生活している部屋だけを暖房していたので暖かく、湿気を含んだ空気が押入れに侵入して冷やされます。その結果押入れの中が湿っぽくなります。 暖房していないトイレや納戸が湿っぽいのもこのためです。

そよかぜの家は家全体をすっぽりと断熱材で包んでいますので、押入やトイレも含めてほとんど温度差がありません。
また、給気口から入った外気を部屋全体を通して、押入やトイレなどから排気する換気計画をとっていますので、押入などの空気が滞留することもありません。

page top

  • 健康で快適な暮らしとは
  • 計画換気
  • 高気密・高断熱
  • 外断熱
  • 耐震性・耐久性
  • アフターメンテナンス