[リフォーム]2014.03

茶のまち宇治のシンボル

  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル
  • そよかぜの家 リフォーム 施工事例 茶のまち宇治のシンボル

京都府宇治市・中村藤吉本店様

大正期の建物を再現
伝統技法と先端の技術の組み合わせ

日本で最初に重要文化的景観の指定を受けた宇治橋周辺のエリアのなかで、重要構成要素に指定されている建物の改修です。宇治市歴史まちづくり推進課の肝いりの事業でもありますが、老舗の茶問屋“中村藤吉本店”の一大事業でもあります。
大正期の景観を再現するといっても、図面があるわけでもなく、わずかに残る写真や店主の記憶がたよりです。130年前に増築された後、何度も手を加えられていたものの、傷みのひどいところもあり、NEO建築設計室・宇治市・店主と相談しながら、より良い方法を選択して竣工を迎えることができました。

page top