ブログ

健康・自然・家づくり「そよかぜの家ダイアリー」

ガラスに塗る遮熱材

写真のように窓の内側からガラスに塗るだけで、近赤外線を30%・紫外線を95%もカットするという商品が発売になるそうです。

価格は4㎡用のキットで1万数千円という設定です。

新築の場合、最初から高遮熱ガラスを入れておく方が安いでしょうが、リフォームでガラスを入れ替えるよりははるかに安いです。効果は10年持続するそうです。

はたして売れるのか??

京都市景観シンポジウム

京都市景観シンポジウムが昨日行われました。

京都市に景観条例が導入されることと合わせて、京都市景観デザイン協議会というのがたちあげられ景観規制内容についての検証などの活動しておられるのですが、その中間報告のような位置づけでシンポジウムが行われたようです。

わたしは、ちょうど京都市内の物件の設計していて、規制内容や手続きについて勉強しなければという思いもあり、参加してきました。

内容は細かな規制についての説明というものではなく、景観条例が施行されてからの動向についての報告のような感じでした。ただ、実際の施工事例の紹介で規制の中で個性的な建築をされているものは大変参考になりました。

景観条例の導入には、ヨーロッパの古い都市のような美しい景観を、京都にも取り戻したいという思いがあったものと聞いています。私もその考えには大賛成ですが、すでにここまで無計画な開発が進み、そこでの生活・事業が定着していますから、いまさら”古都京都”らしい景観を取り戻すことは相当に困難です。

条例の導入はそれに向けての第一歩ということでしょうが、やはり道のりは険しいようです。

一時的には個人の不動産価値を下げるような規制になってしまいますから、反発が起こるのも当然ですし、いきなり強制執行するような社会でもありません。長い時間をかけて住民みんなの理解のもと進めなければならないことだと思います。

シンポジウムに参加していろいろ感じるところはありましたが、どうしても気になる点があります。それは、規制内容をクリアすること=京都らしい建築とはなっていないことです。建売住宅の紹介もありましたが、確かに瓦を葺いて庇も付いていますが、京都らしい風情はかけらも感じません。限られた予算の中でつくるのですから仕方ないとは思いますが、いかにも”なんちゃって和風”みたいな感じです。

一方、”文脈を読む”と表現されましたが、その地域の歴史伝統を読み込んだデザインであれば、特例を認めておられます。

”文脈”といわれるとなんともあいまいです。先程も書いたように、すでに無計画に開発されているところの文脈はどのように読み解けばよいのかわかりませんし、では100年後200年後のビジョンをというと、それが正しいのかどうかをだれが判断できるのかという問題があります。

う~ん、難しい。要するに、建築デザインをするものがレベルアップしないとダメということですね。

いずれにしても、私たちは、少なくとも京都というまちが持つ歴史・文化・風俗・習慣などをよく勉強し、それをデザインに生かしていくことが必要なのだと、あらためて感じました。

屋上防水工事

屋上防水の改修工事をしました。

鉄筋コンクリートの建物の防水といえば、アスファルト防水やシート防水がほとんどで、改修の際には押えモルタルやシートを撤去して行うやり方がほとんどで、結構大変でした。

今回採用したのは、リベットルーフという工法で、既存の屋根スラブの上に施工する方法をとりました。しかも、新しい防水層の下に断熱材をはさみ込むので、CO2削減効果もあるという優れた工法です。

写真の茶色いのがウレタンパネル、丸いのがIHディスクと呼ばれるもので、このディスクをアンカーで下のスラブに止め付けます。

この上に、防水シートを載せるのですが、いわゆる絶縁工法と呼ばれるもので、下地に密着させずに固定することで、下地が動いても防水層が壊れないようにします。ではどうやって固定するのかというと、先程のディスクにビニル製のシートを溶着させます。

この写真が溶着しているところ。実はIHディスクを、特殊な器具を用いて加熱して溶着させているのです。それが、IHクッキングヒーターと同じ仕組みだから、IHディスクと呼ぶのだそうです。

さらに、シート同士の重ねの部分を溶着して出来上がりです。

下地をめくらなくていいので、工期も早く、ゴミも少なくて済みます。

また、断熱材の効果で冷暖房へのエネルギー消費を抑えることにもつながりますから、その意味でも環境に優しい工法といえます。

稲荷鳥居

今年も鳥居を建てさせていただくことになりました。ブリーズカンパニーとして独立してから3基目ということになります。ありがたいことです。

お客様から鳥居に付ける額の書き方について尋ねられたのですが、「奉納」という文字を左から書いたのか右から書いたのか覚えていませんでした。

そこで、過去のブログを見てみると、ちゃんと写真を載せていました。

ブログは、まさに日記として振り返るのにも役に立つものですね。

余談ですが、建築の業界に伝わることの中で、”お宮さんの仕事はもうけたらあかん”というのがあります。

「お宮さんの石一つでも持って帰ったらあかん。足の裏の土も落として帰れ」と、ずーっと前に何人かの年配の大工さんからききました。私がすんでいるような田舎では、お宮さん=氏神さんであり、地域の人みんなで”守(もり)”をしているものですから、そこの仕事でもうけてはいけない、むしろご奉仕しなさいという意味のことだと私は理解しています。

その代わりと言ってはなんですが、「お宮さんの仕事をすると、他の仕事を持ってきてくれはる」ともいわれます。一生懸命仕事をすれば、”神さんはみてはるで”というとことです。

ダッチオーブンを使って焼き芋

先日届いたサクラの薪を使いたくてしょうがなかったので、とりあえず家にあった芋を焼いてみました。

そのままアルミ箔に包んで炉の中に放り込んでもよいのですが、ダッチオーブンを使えばアルミ箔も要りませんのでとってもエコな感じです。

小型のキッチン用オーブンの底に焦げ付かないように網を敷いて蓋をするだけ。そのまま炉の中に入れます。

30分でホクホクのお芋が出来上がり。

ちょっと焼けすぎかな。ホクホクというよりもあんこみたいに柔らかくなっていました。

ストーブで焼いた芋はものすごく甘みがあります。これも遠赤外線のパワーなのでしょうか。

心なしか、サクラのチップのようなかぐわしい香りもします。


サクラの薪

今シーズンは薪ストーブでの料理に挑戦していることはご報告していますよね。

ストーブの炉内でオーブン料理をするのですが、ちょっとスモーキーな感じが旨いんです。

そこで、燻製などに使うサクラの薪を使えば、もっと良いフレーバーが付くのではと思い立ち、サクラの薪を購入しました。

さてお味の方はどうでしょうか?またご報告します。

ところで、毎年1t程の薪でやり過ごしてきた我が家ですが、この冬は寒い日が多いということもあって、薪ストーブを毎日のように焚いています。そうすると、準備した薪が底をつきそうな感じになってきました。たまたま、今シーズンは、1.5tほどケヤキの薪を買っていたので、一昨年の残り(クヌギ・ナラ)と合わせて、2tくらいありました。それがみるみる減ってきて、たぶんあと500kgぐらいしか残っていません。この分で行くと、2月初めにになくなってしまいそうな勢いです。

ストーブを毎日使うとすると、1シーズンに3tの薪がいるといわれています。薪ストーブの良さに改めて目覚めてしまったので、来シーズンに向けて薪小屋をつくらねばと考えている今日この頃です。

ブルジュドバイ続報

先日848mのブルジュドバイが完成したというニュースをお伝えしましたが、その後も話題が沸騰しています。

124階にある屋外展望台に入るチケットが2週間まちなのだそうです。その2週間待ちのチケットを手に入れるのに2時間並ばないといけないのだとか。入場当日も当然何時間も並ぶことになるのでしょう。

並ばなくてもよい特別チケットも発売されているようですが、これは1枚1万円の値を付けているといいます。

ドバイショックもなんのその、やっぱい世界一には人気が集中しているみたいです。

ところが、そんなブルジュドバイにもアクシデントがありました。

展望台へは124階まで1分たらずで登る超高速エレベーターで行くのですが、なんと、そのエレベーターが故障して、14人のお客さんが高さ430mで1時間閉じ込められたそうです。

怖いでしょうね。

七草がゆのあとは台湾ラーメン

今日は7日なので、朝から七草粥を食べました。

お正月に食べすぎ飲み過ぎた胃を休めるために食べるのだそうですが、今年は正月太りもなく健康体なので、必要ないかもしれません。

だからというわけではないのですが、先程ちょっと早めの昼ごはんで”台湾ラーメン”を食べてきました。私はいつも”台みそ”を食べます。濃い~ものが欲しくなったもんで・・・せっかく七草粥を食べたのにね。

年末はあわただしかったので、散髪もできず、洗車さえも超満員だったのであきらめてしまいました。

年明け早々に3日と4日に1台ずつ洗いましたが、散髪だけがまだでした。いつもお世話になっている近所の散髪屋さんが昨日からはじまったので、さっそく切ってもらい、ようやくお正月を迎えた感じです。

2010年1軒目完成

完成といっても模型ですが。

ストーブの煙突が見えます。

京都市左京区のこの現場は、景観条例関係の届出が必要なほか、埋蔵文化財もあるところなのでこちらも届出が必要です。

朝から文化財保護課へ届出し、市役所で年末に出しておいた景観条例関連の届出済書類を受け取って、ようやく確認申請を提出しました。

着工準備は最終段階です。

あのブルジュドバイが遂に完成!!

地上824mのブルジュドバイが遂に完成しました。

一昨年の金融危機から昨年末のドバイショックもあって、その後の高層ビル計画は凍結状態にあるので、当分の間これが世界一高いビルということになりそうです。

地上440m程ののところに屋外に出られるデッキがあるとか。(これも世界最高)

行ってみたいけど、行くのが怖い・・・。

かつてアメリカのエンパイアステートビルが完成した時、直後に大恐慌がおこり、テナントが入らずエンプティーステートビルと揶揄されたのだとか。ブルジュドバイがそうならなければよいのですが。

薪からゴキブリ!!

新年にふさわしくない話題ですが、このところ我が家ではゴキブリが出没しております。

そもそもそよかぜの家は気密性が高いので、害虫の侵入も難しいはずです。とはいえ、野菜やなどについて紛れ込んでくることはたまにあります。それがこのところしばしばあるので不思議だったのですが、理由が判明しました。

なんと、ストーブ用に持ち込んできた薪にくっついているではありませんか!

外は寒いので仮死状態になっていたのに、暖かい部屋に入って数時間すると息を吹き返すのです。

私も材木屋で育ちましたので、木場にはゴキブリやムカデがいっぱいいることは知っていますが、これはちょっと難儀です。

昨年まとめ買いした薪は、乾燥状態がよくないためものすごく安かったのですが、まさかゴキブリがこんないいたとは予想できませんでした。

室内に入れる前によーくチェックしないといけません。